« 管制塔の苦い思い出 | トップページ | 本当の「プロ」 »

2006年3月21日 (火)

成田のレアエアライン②

Img_3659  英・ヴァージン・アトランティック航空です。成田―ロンドンを一日一往復しています。

 機材はエアバス340―600で、全長75,3㍍。現在就航している中で一番胴体が長い飛行機です。同じ四発でも747のゴツゴツとした無骨な感じと違い、スラッとしてヨーロッパのセンスを感じさせます。

|

« 管制塔の苦い思い出 | トップページ | 本当の「プロ」 »

コメント

こんにちは

A340-600,長いですよね~!
レンズを向けていても「おっとっと」とはみ出してしまいます(苦笑)
定期的に乗り入れているA340-600はVIRだけですよね?
(たまにイレギュラーでCESを見かけましたが・・・)

投稿: nakap | 2006年3月22日 (水) 12時15分

スイス航空で見かけた気もしますが、A340―600といえばやっぱりヴァージンというイメージですね。私、一番かっこいいと思います。

投稿: チャンギ | 2006年3月22日 (水) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65501/1113021

この記事へのトラックバック一覧です: 成田のレアエアライン②:

« 管制塔の苦い思い出 | トップページ | 本当の「プロ」 »