« 成田のレアエアライン⑤ | トップページ | 犠牲の上に »

2006年4月 1日 (土)

成田空港にCMは必要?

2006032000000199kyodobus_allthum000  NAAは3月20日、6月2日にオープンする南ウイングのCMを発表しました。写真=共同=はその発表記者会見。中央はCMキャラクターの菊川怜。中国の五星紅旗のようなものを首に巻いた得体の知れない着ぐるみは成田のキャラクターのクウタン。右のじいさんはNAAの黒野社長です。

 CMなぞやらなくても成田には放っておいても客は来るのですが、第2ターミナル開業以来のビックイベントなので力も入るのでしょう。そして一番アピールしたいのは、南ウイングの目玉、国内最大級の免税店モール「narita nakamise」。イミグレを抜けると3500平方㍍の空間にブランド店や免税店18店が並ぶという。現在第2ターミナルでも改修が進められ、同様に免税店モールが設けられる。

 世界の大空港に比べ、免税店の貧弱さがやり玉にあがっていた成田も少しは買い物が楽しめるようにになりそうです。

 ただ、リテーリング部門に力をいれるのはもっと切実な理由があります。

 NAAの収入の大半は着陸料や空港使用料などの「航空系収入」に頼っている。ただ、航空機の発着回数は上限に定められた20万回ぎりぎりまで迫り、これ以上ほとんど伸びない。したがって旅客数も横ばい。しかも昨年、「世界一高い」と批判の高かった着陸料を値下げしたため減収となり、加えてB滑走路の2500㍍化も決定し、設備投資が増える。

 つまり「本業」が成長どころか、当分減収見込みなので、「副業」をがんばるしかないのです。現在NAAの株主は100%が国。早いところ上場して独り立ちしたいのだが、今のまま上場しても誰も買ってくれない。免税店でお金を落としてもらい、収益を上げるしかない。NAAはリテーリング部門に社の命運をかけているのです。

|

« 成田のレアエアライン⑤ | トップページ | 犠牲の上に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65501/1235410

この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港にCMは必要?:

» たったの24時間であなたの今後のネット収益を倍増する [たつてる日記]
実は、たったの24時間で、 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 07時11分

« 成田のレアエアライン⑤ | トップページ | 犠牲の上に »