« あられの後の快晴 | トップページ | narita nakamise? »

2006年4月26日 (水)

広くなった出発階

Dsc_0005  6月2日にオープンする南ウイングの出発階です。ANAを中心としたスターアライアンスが主に使用します。

 第一印象として、北ウイングや第2ターミナルより空間が広々としています。というのは、チェックインカウンターを囲っている柵がないのです。これまでは、チェックインを行う前に機内に預ける荷物のセキュリティー検査をしていたため、検査前後の旅客を分けるために柵が必要でした。

 南ウイングでは「インラインスクリーニング」方式を採用、カウンターに預けると、荷物はソーティングエリアに運ばれる過程で、「EDS」と呼ばれる自動爆発物検査装置で爆発物の有無を自動的にチェックされます。このため柵は必要なくなり、手狭な出発階のイメージはなくなりました。

 さらに自動チェックイン機を100台以上導入し、対面式のチェックインはかなり少なくなります。これにより、チェックインカウンターで大きな荷物を抱えながら長蛇の列に並ぶというわずらわしい状態はかなり解消されます。

 ただ、機械に不具合はつきもの。トラブルが発生したときに対応が取れるように万全の準備を航空会社には求めたいです。

|

« あられの後の快晴 | トップページ | narita nakamise? »

コメント

がら~んとした無人の空港つながりで
TBさせていただきましたです♪

投稿: 大多和りん | 2006年5月19日 (金) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65501/1552506

この記事へのトラックバック一覧です: 広くなった出発階:

« あられの後の快晴 | トップページ | narita nakamise? »