« 間違い探し | トップページ | スターアライアンス塗装 »

2006年5月22日 (月)

成田ミステリーツアー④

Dsc_0023  第1ターミナルの第4サテライト、あるいは来月オープンする第5サテライトから南側を眺めると、誘導路の真ん中に一軒の家が建っているのが見える。その家の両脇数メートルを大型旅客機が悠々とタキシングしていく。何も知らない外国の乗客は空港の中に家が建っていると勘違いしてさぞびっくりしていることだろう。

 建物の正体は「木の根ペンション」。かつて空港用地の南部分には「木の根」という部落があり、開港後も空港反対派が土地を売らずに住んでいた。しかし、国・公団が強制収用を放棄し、反対同盟と公の場で話し合いを進めた90年代の「シンポ・円卓会議」を境に住民は移転し、木の根部落は消滅した。ただ、強硬派が一坪共有地として所有するこの建物だけが取り残され、現在に至っている。

 当然、空港内からこの建物には入ることは出来ない。空港外周道路に警備員が24時間監視する入り口があり、急な坂を上るとこの一軒家と「木の根プール」と呼ばれる貯水池がある。住民はおらず、反対派が外部から来た支援者の宿泊施設や研修所として使っているようだ。

 この建物は誘導路と誘導路の間の緩衝地帯に位置し、運用上の支障にはならないため、空港会社は建物の所有者に対し、積極的な働きかけをしていないようだ。今後この建物がどうなるかは分からないが、世界中どこを探しても成田以外にない「空港の中の一軒家」は、しばらくは存続しそうだ。

|

« 間違い探し | トップページ | スターアライアンス塗装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65501/1888129

この記事へのトラックバック一覧です: 成田ミステリーツアー④:

» 成田空港南ウィングオープン [FLYers' Cafe]
成田国際空港 南ウィングがオープン とうとう成田空港1PTBの南ウィングがオープンしたようですね。 成田空港で特徴的なのは、2本ある滑走路の長さが違う事。 しかもB RWY(新しい方の滑走路)の長さは2180mしかありません。 となると、B滑走路から離着陸できる... [続きを読む]

受信: 2006年6月 8日 (木) 04時46分

« 間違い探し | トップページ | スターアライアンス塗装 »