« スターのトップ集結 | トップページ | お店も繁盛 »

2006年6月 4日 (日)

南ウイングオープン!

_o0m1248  南ウイングが2日、オープンしました。この日はさながらスターアライアンス祭りですね。アシアナ航空のスターアライアンス塗装機も見ることが出来ました。

 心配されていたシステムの大きなトラブルもなく(小さいトラブルはあったようですが)、まずは順調な滑り出しです。「narita nakamise」も2日の午前中は混雑していたようです。

ここで南ウイングの特徴をまとめてみます。

①スターアライアンス集結

 これまで第1、第2ターミナルに分散していたスター加盟の11社が南ウイングに集約されました。アライアンス間の乗り継ぎも便利になり、成田がスターのハブとして利用されそうです。ただし、唯一ニュージーランド航空だけは第2に残りました。ハンドリングを委託したり、スロットを借りているJALとの関係が原因のようです。いずれは南ウイングに移るようですが。今後、さらに航空会社再編が進み、最終的には北ウイングにスカイチーム、第2ターミナルにワンワールドが集まるようです。このようにターミナルごとにアライアンスをまとめる空港は世界でも初めてです。

②インライン・スクリーニング・システム

 チェックインカウンターからソーティングエリア(荷さばき場)を結ぶベルトコンベアに最新鋭の爆発物検査装置「EDS」を組み込み、自動的に保安検査を行う方式。EDSではじかれた荷物はふき取り式の検査装置にかけたり、中を開けて危険物の有無を確認します。羽田や中部もこのシステムですが、すべての荷物をEDSで検するのは成田が初めてです。これまで成田ではチェックイン前にX線を使って荷物検査をしており、検査前後の旅客を隔離するためにチェックインカウンターは柵で囲まれていました。南ウイングでは、この柵が不要になりロビーが広々と使えるようになりました。

③共有チェックインカウンター、自動チェックイン

 カウンターはこれまでの航空会社別ではなく、スターアライアンス各社の共有で、ファースト、ビジネス、エコノミーなどのクラス別に分けられています。さらに自動チェックイン機が126台導入されました。チケットとパスポートを読み込ませ、画面上で好みの座席を選ぶ。これまで通り対面式でもチェックインできます。

④国内最大免税店モール

 イミグレを抜けると、約3500平方メートルの広さにブランド店や総合免税店が17店並んでいます。海外の空港と比べたらなんてことはないですが、それでも結構にぎやかになりました。品揃えも日本人の好みに合わせていて、「欲しいものがあるけど海外のブランド店では売っていない」という若い女性のニーズに応えたようです。「海外の空港ではなく成田でお金を落として」という戦略です。

|

« スターのトップ集結 | トップページ | お店も繁盛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65501/2060438

この記事へのトラックバック一覧です: 南ウイングオープン!:

« スターのトップ集結 | トップページ | お店も繁盛 »