« フルーツ塗装機 | トップページ | ヘリで成田へ »

2006年6月30日 (金)

緊急着陸

 25日午前零時半ごろ、関西発ホノルル行きノースウエスト航空16便DC10から「貨物室の火災警告灯が点灯した」と国土交通省成田空港事務所に連絡があった。
 同機は同日午前3時すぎに成田空港に緊急着陸した。同航空によると、着陸後の点検で貨物室に火災が発生した様子はなかった。けが人はないという。警報装置の誤表示とみられる。 (共同通信) - 6月25日6時4分更新

 23時から翌朝6時まで運用が出来ない成田空港で、午前3時に飛行機が下りてくることは数年ぶり。寝静まった三里塚に騒音の大きいDC10が降りてくれば、さぞうるさかったことだろう。

 火災の恐れがあれば、最寄の空港に緊急着陸するのは機長の判断として当然。それが誤作動だとしても、結果論であって仕方のないことだった。

 それでもしかし、と思う。ノースウエストがDC10という古い機材を未だ使っていることが根本の原因だと思う。新しい機材でトラブルなく目的地に乗客を送ることが、航空会社の責務であり最大のサービスだ。こういう事態がたびたび発生したら、信頼は間違いなく落ちて誰も乗らなくなるだろう。

 この便の乗客は、ハワイにバカンスに行くはずがなぜか真夜中の成田に下ろされ、ビジネスクラス以上はホテルが用意されたが、エコノミーの客はラウンジで朝を待ったという。

|

« フルーツ塗装機 | トップページ | ヘリで成田へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65501/2435911

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急着陸:

« フルーツ塗装機 | トップページ | ヘリで成田へ »