« お店も繁盛 | トップページ | 成田ミステリーツアー⑤ »

2006年6月 6日 (火)

成田のレアエアライン⑫

_006  タッチダウンするニュージーランド航空のB777―200ER。オークランドから毎日来ていますが、日によってB747だったりするようです。

 ニュージーランド航空はスターアライアンスメンバーですが、今回南ウイングには唯一移転せずに第2ターミナルに残りました。JALに成田のスロット(発着枠)を借りている関係で、残らざるを得なかったようです。

 _002 内陸空港の成田は、騒音被害防止のため年間発着回数が20万回に制限されています。その中で、ニュージーランド航空のような日本にとって「非主力」の航空会社がスロットを確保するのは難しいのでしょう。国土交通省によると、スロットがなくて成田に就航待ちの航空会社が20から30あるという。

|

« お店も繁盛 | トップページ | 成田ミステリーツアー⑤ »

コメント

ひさしぶりに見させていただいてます、小生のPCが先月末からダウンしてやっと復旧しました。
今月は船のほうはイベントがありませんので暇状態です、今度オープンした南ウィングに出かけようかとおもっています。

投稿: 成田艦艇団 | 2006年6月 7日 (水) 00時16分

大分雰囲気が変わったので、ぜひ行ってみて下さい。
南ウイングから駐機場もよく見えるようになったので、飛行機ウォッチなら断然第1ターミナルですよ。

投稿: チャンギ | 2006年6月 7日 (水) 01時58分

チャンギさん、こんばんは。

ターミナルオープンのときの謎が解けました♪ありがとうございます。NZにとっては、なんだか気の毒な話ですね。JALは国際線の不採算で減便も相次いでいるので「スロット」が実は余ってたりするのではないか、などという気もするのですが…。

それをANAに上手に譲渡するか(既得権益だからしないと思いますケド)、やっと調印したone worldの航空会社と提携してうまく活用する方法などが少しありそうな気がしました。

スロットで休眠しているようなものってほかにも意外とあるのではないだろうか、などという気もするのですけれど、それぞれの事情は、難しいのでしょうね。

投稿: ruko | 2006年6月 7日 (水) 20時05分

rukoさん、コメントありがとうございます。
成田はドル箱路線ですから、スロットが欲しいエアラインは腐るほどいます。でもおっしゃるとおり既得権益だから余っているからといって手放すことはまずあり得ない…。
スロットも公共の財産だと思うのですが。

投稿: チャンギ | 2006年6月 8日 (木) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65501/2095785

この記事へのトラックバック一覧です: 成田のレアエアライン⑫:

« お店も繁盛 | トップページ | 成田ミステリーツアー⑤ »