« 成田のレアエアライン⑰ | トップページ | 異形の滑走路⑤ »

2006年10月31日 (火)

成田空港:冬ダイヤ、発着回数が過去最高 

 成田国際空港会社は26日、月末から適用される同空港冬ダイヤの発着回数を発表した。1日528回で昨年よりも1日19回増え、過去最高となる見通し。
 今回の冬ダイヤで、実質の発着回数増となった背景には、国際航空需要に応えようとする同社と国土交通省の考えがある。同空港の発着回数は、国際線枠と国内線枠があり、国際線枠は満杯状態の一方、国内線枠には余裕があった。このため発着回数を有効活用しようと、国交省は国内線枠の一日20回分を国際線に振り分けることを認可した。
 増便の中心は中国線。航空会社別にみると、全日空が42回増。シカゴ線を復活させるほか、シンガポール線などを増便する。同社の同空港国際線の発着回数は、日本航空に次いで2番目に多くなる。また、中国国際航空は北京線の増便を中心に30回増。新たにメキシコのアエロメヒコ航空が11月から乗り入れる。10月27日朝刊 (毎日新聞) - 10月27日

 成田の発着枠は現行で20万回。そのうち国際線の枠はほぼ飽和状態で、増便は出来ない状態でした。今回の増便は、国内線用に確保していた分を国際線に配分した結果です。要は、国内線に枠をとっておいたけど、全然張り付かないので需要の高い国際線に分けましょうというお話。国際線がメインの成田空港では当然の措置だと思います。B滑走路が2500㍍化する2010年4月には発着枠が2万回拡大する予定なので、それまでの暫定的措置です。

 今回の冬ダイヤの目玉は、アエロメヒコの就航です。

Images_1 久々の新規乗り入れです。おそらく2004年のドラゴン航空就航以来です。メキシコシティーへ週2便飛ぶ予定。中米へ直行でいけるのはうれしいですね。

|

« 成田のレアエアライン⑰ | トップページ | 異形の滑走路⑤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65501/4014035

この記事へのトラックバック一覧です: :

» 初トラックバック [もなみ]
うーん。ブログって難しい・・・でもハマリそう(笑)旦那がいないうちに更新w [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 13時24分

« 成田のレアエアライン⑰ | トップページ | 異形の滑走路⑤ »